債務整理(任意整理)Q&A記事一覧

MENU

とにかく1日でも早く借金で頭を悩ませている今から解放されたいあなたへ

 このサイトに訪問してくださったという事は、「借金の債務整理に関心を抱いた」「借り入れ金に苦しんでおり任意整理といったフレーズにたどりついた」というような人が大半なのではありませんか?

 【無料】インターネットの法律無料相談シュミレーター診断

あなたがどれだけ借金を減らせるか調べるにはお手軽にWEBでできるオンラインのシュミレーター診断が簡単で便利です。

私自身、借金問題解決は、この法律無料相談シュミレーター診断を使った匿名メール相談サービスからスタートしました。

まずは初めに法律無料相談シュミレーター診断(無料)で現段階でのあなたの借金の状況を正しく認識しておくようにしましょう。

↓借金問題解決が確実に可能なのかが簡単にわかるからとても役立ちます。


このエントリーをはてなブックマークに追加   

▼ こちらから読みたい記事を選択してください

WEB上や電話などを使って匿名でやってみる借金の無料相談サービス。弁護士や司法書士などの専門家の法律事務所でやっていらっしゃる無料借り入れ金相談。 これらに関しては、どれくらいのお話まで「無料で」悩みを聞いてもらえるのでしょうか?私自身がインターネットの借金の法律無料相談サービスを使った時の体験談をお伝えします。お役立てください。私の場合は、街角法律相談所に匿名でメールを送付したことから任意整理が...

債務整理(任意整理)では任意整理すべき借り入れ業者を選択する事が可能なのです。クレジットカードの借り入れを任意整理すことになると、当たり前ですが、対象のクレジットカードは利用ストップとなってしまいます。具体的に言えば、クレジットカードが手元に3枚あるとしたら、カード1とカード2は任意整理したが、カード3は任意整理しなかった時。 カード1、カード2 ⇒ 利用ストップ  カード3 ⇒ 利用OKとなると...

住宅ローンは物件に抵当権を決められているはずですから、債務整理をおこなうと持ち家そのものを没収されてしまうことになります。なので住宅ローンは、そもそものところ任意整理のターゲットにはなりえません。もし、住宅ローンの返済が厳しいけれど、持ち家を奪われたくないとすれば、個人再生を用いた債務整理を行なうというのがオーソドックスな方法になります。また、新規で住宅ローンをお申込みしたいとお考えの場合、もし任...

オートローン、マイカーローンなどという自動車ローンを債務整理(任意整理)のターゲットに行なう事はできます。ただし、車検証の所有主がクレジット会社(ローン会社)とされるケースでは自動車は回収され、借金に含まれるものとしまして没収されてしまうでしょう。オートローン、マイカーローンを任意整理のターゲットより除外したら、クルマが担保として回収されることはございません。どんなに、オートローンやマイカーローン...

債務整理(任意整理)をやっても生命保険の更新や新規契約は当たり障りなくできるはずです。元々、生命保険の契約や更新の際に経済状況の確認はないのです。それに、そもそものところ生命保険会社は信用情報を照会できないです。信用情報を照会可能なのは銀行やクレジット会社といった金融機関しかないのです。保険会社は信用情報を照会不可能ですから、あなた自身がブラックリストに掲載されていたところで把握できる方法がありま...

債務整理(任意整理)をすると信用情報機関に事故情報が記載されることになりますが、携帯電話の契約自体を断られるということはございません。影響が出ることは携帯端末(スマートフォン)代の分割支払いになります。携帯端末(スマホ)の分割支払いはある意味ローン購入となるのです。言うまでもなく、信用情報調査の確認が入れられますから分割支払い申し込みの審査にパスしないケースがあると言えます。そのような時は、端末を...

債務整理(任意整理)のお申し込み以降は和解取り交わしの額面と日程で返していくわけですが、途中で一括返済するといったやり方もできます。和解相手の債権者は小躍りして一括精算にOKしてくれることでしょう。 ですが一括精算(全額返済)したところであなた自身に良い所はないと断言します。和解し終えた借り入れ金は利息がないから、一括精算した〜といって返済する金額が少なくなるということはありません。信用情報に記載...

債務整理(任意整理)をして信用情報に事故記録が記録される(ブラックリスト)というのは該当者のみです。御家族においては影響はないと断言します。ですから、お子さんが高校や大学で私立を選んでも入学お断りをされてしまうことはないといえます。信用調査機関に信用情報を照会することでも、可能であるのは銀行やクレジット会社など金融機関のみとなります。学校などのような教育機関があなたの信用情報を確認するということは...

任意整理以後、転勤などによって引っ越しをやることだってあるでしょう。引っ越しをやる際には、転居先で新たに不動産賃貸契約を交わすことが求められます。任意整理あとは信用情報に事故記録(ブラックリスト)が記録されます。その影響を受けて、新しい融資申し込みといったものが困難になってしまいます。とはいえ、信用情報を照会可能なのは、銀行、信販会社、クレジット会社といった銀行や信販会社だけです。不動産業者は信用...

過払い金、グレーゾーン金利といったふうにも呼称されるケースもあります。金融機関の中では法律で約束されているよりも高額の利息をわたくしたちよりとっているケースがあります。元を正せば法律違反なのですが、法律上でもグレーゾーンが存在して今までまかり通って来ました。つまりは気づかないうちに支払わないでも良い利息を納めていた可能性が大きいのです。このような払い過ぎた利子のことを過払い金と呼びます。過払い金は...

借金の相談は友人はもとより、気を遣わなくてよい身内にすらそう簡単には打ち明けられないものでしょう。無料相談をおこなっている法律事務所のPRだと、家族や友人知人周りの人すべてに秘密にする事が可能です!と宣言していますが、あれって、はたしてホントなのでしょうか?これですね、結論から言いますと、ケース次第で100%極秘裏に借金問題を解決可能な場合もあれば、そうではない場合もありえます。人それぞれで借金の...

事あるごとにブラックリストといったフレーズを聞かされていますが、そのようなリストはこの世に存在しておりません。クレジットカードに契約を結んだりローンを組むと私達の取引情報は「信用情報機関」に記録されるのです。返済が停滞したり、自己破産などといった債務整理をやった事故情報も、こちらの信用情報機関に記録されるのです。こういった事故情報が記録される事を総じてブラックリストに載ると呼びます。信用情報は金融...

信用情報機関に事故記録が掲載されてしまう事を「ブラックリストに載る」と申します。あなた自身の信用情報は調べることができるので、言ってみれば、ブラックリストに記載されたかそうでないのかは調査することが可能になります。あなた自身の信用情報を判別する = ブラックリストを確認すると言えそうです。確認が可能なのはあなた自身の信用情報のみです。第三者のものはチェックすることが不可能です。債務整理(任意整理)...

債務整理と任意整理の違いはなんですか?債務整理とは、借り入れ金の総額を緩和させ、厳しい利息のストレスが解消されることを目標にした法的手続きになります。債務整理の種類においては、自己破産、個人再生、任意整理などがあるのです。任意整理とは、債務整理の中の手段のひとつということですね。

債務整理(任意整理)したら借金は減るのか?債務整理(任意整理)をやれば↓のような理由で借金は減ります。 借金自体が減額される任意整理する際に、借り入れ金自体を少なくしていただけないか?と相談することが実現可能です。しかしながら、むこうが受けとってくれなかったら引き下げはされません。時と場合によってとなります。 過払い金が返還される過払い金(支払い過ぎた利子)が存在しているケースだと、そちらを返金し...

任意整理して、債権者と和解協定が完了すると和解約定に従って借金の返済が再スタートします。こちらの支払い方については、大きく分けて↓の2つのスタイルが見られるとのことです。1・債務者が債権者に直接払いこむこのスタイルならば、契約書を順守して月々指定の日時迄に債権者に直に返済を行ないます。弁護士さんや司法書士さんは毎月の返済に関しましては無関係です。2・弁護士、司法書士など代理人経由で債権者に払いこむ...

奨学金や教育ローンは債務整理(任意整理)可能ですか?出来ますが、保証人が存在する際には保証人に請求がいくでしょう。教育ローンや奨学金も借金の1つです。債権者が協力してくれるのなら任意整理ができます。ところが、奨学金は保証人が組まれているケースが大半です。任意整理すると言うまでも無く、はじめに保証人に請求がいくのです。奨学金のケースでは、保証人は4親等以内の親族が基本となされており、身内が保証人にな...

マンション、アパートといった賃貸住居の家賃を滞納してしまった。これだって借金ということで債務整理のターゲットになってくるのです。債務整理のターゲットになるのは「滞納している家賃」ということになります。これから先の家賃がターゲットとなるわけじゃないのです。家賃の滞納分を債務整理するケースだと、債務整理を知らせる書類が債権者となる家主さんに送付されます。この段階で賃貸契約をキャンセルが行われ「立ち退き...

債務整理(任意整理)後は、家族はローンは組めるのか?任意整理は家族には影響を与えません。しかしブラックリストに掲載された状態では保証人になれません。任意整理を行なうと信用情報機関に事故情報が5年間記録されるのです。その影響で任意整理した当人は、事故記録が消滅するまで新しいローンがパスしにくい様になっているわけです。とは言っても、家族の信用情報には影響をしないでしょう。なので家族名義でローンを組むと...

債務整理(任意整理)すると保証人に迷惑が掛かりますか?任意整理を行なうと債権者は保証人に請求を行ないます。任意整理するより先に保証人と話し合いを行なうようにしてください。任意整理をはじめとした債務整理を行なうと、債権者(金融業者)は保証人に支払いを催促します。当然のことながら、あなたがご自身で債務整理(任意整理)をやったことが保証人側にも知られます。任意整理は整理する借り入れ先を選択する事ができま...

債務整理(任意整理)したら家や車は没収されてしまうの?住宅ローンは任意整理の適用外になります。自動車ローンは任意整理のターゲットにしない限り影響が見られません。マイカー・自動車の場合マイカーローンを活用すると車検証の保有者名義がローン会社名義であることが普通です。マイカーが担保ということで組まれているから、ローンが払えず任意整理すると担保のマイカーを引き上げられてしまうのです。銀行や信販会社などで...

債務整理(任意整理)したら児童手当は受給できなくなるのでしょうか?任意整理などという債務整理手続きをやっても、児童手当をいままで通り給付を受けることができます。自己破産や任意整理などなどの債務整理をやっても、児童手当の受給権利を失くしてしまうことはないです。さらに、児童手当は「児童の健全な育成及び資質の向上」をめざした手当なので、債権者が差し押さえることが認められていません。こちらを「差押禁止債権...

債務整理(任意整理)後、車のリース契約は組めますか?リースもローンやクレジットと同じで、信用情報の照会が回避できませんから不可能だと思います。任意整理を行なうと信用情報に事故記録が記録されるのです。記録が消滅する迄の約5年間はマイカーなどのローンを設定するというのが困難になるはずです。現実的には、リースもローンと変わらずリース契約の際に信用情報の照会が入ります。その影響で、任意整理以降は新規で申し...

債務整理(任意整理)すると、定期預金は差し押さえられますか?債務整理の中で、自己破産と個人再生は裁判所に対しての届出が絶対必要です。その際に決まった金額(20万円)を超えた財産は申し出がなくてはなりません。貯金をごまかして債務整理を行なうことは不可能です。任意整理については、債務者と債権者が任意に同意するので、資産の申し出などは不要なのです。というわけで、債務者に預金や貯金の有り無しがハッキリしま...

債務整理(任意整理)した後、新規で借り入れは可能ですか?任意整理を行なうと信用情報機関に事故情報が約5年間記録されるのです。(俗に言うブラックリスト)その影響を受けて5年間は新しいローンや借り入れ審査が通過しにくいようになっているわけです。現実的に借金が行なえるようになっていくまでの年数は個々によって異なるようです。信用情報の事故記録は約5年間残されますが、それより前にローン使用が可能なこともあり...

債務整理(任意整理)後、何年でローンが組めるようになるのか?個々それぞれの状況にも左右されますが、通常では約5年間は不可能だと思います。任意整理とブラックリストについて任意整理を行なうと信用情報機関に事故情報が約5年間記録されるのです。この点を総じてブラックリストにのると呼んでいます。事故情報が記録されるのは任意整理を行なったタイミングです。任意整理したタイミングより約5年間がブラックリストにのる...

債務整理(任意整理)したら銀行口座はどうなりますか?銀行口座に関連しているカードローン等を任意整理すると、その銀行の口座より引き出しがストップされてしまうケースがあります。任意整理のターゲットに銀行関連のカードローンが含まれた際、カードローンが関連している銀行口座は凍結されることになります。銀行が当事者の口座と把握している口座は支店も合わせてすべて凍結されるのです。具体的に言うと、該当の銀行口座は...

債務整理(任意整理)後、リストラされてしまったらどうなりますか?支払いがストップする事前に任意整理の代理人(弁護士や司法書士などの専門家)に相談をするべきです。任意整理して、借り入れ金の支払いがスムーズに出来ていたそんな時、リストラにあってしまって現職を失くしてしまいました。可能な限りやり過ごしたい話しですが、人生はなにがあるかはっきりしていません。そういった事実がないとも断定できません。万が一に...

債務整理(任意整理)したら妻や夫のクレジットカードは使えなくなりますか?任意整理をする事でブラックリストのペナルティが見られる点は、当事者のみになります。配偶者や家族には影響がないのです。任意整理をする事で、信用情報に事故記録が載る(ブラックリスト状態に陥る)というのは当事者のみです。なので配偶者(夫や妻)、家族のクレジットカード手続きやローンのお申し込みについては影響が一切無いです。たとえば、あ...

債務整理(任意整理)しなかったクレジットカードは更新できますか?更新されるかされないかというのは使用状態に左右されます。任意整理というのは借入先を選択して整理する事が可能なのです。全部のクレジットカードがなくなると不自由ですから、一枚のみ手元にとっておいて、他を任意整理した場合。言うまでもなく、信用情報機関にあなたの事故情報が記載されるでしょう。しかし、手元に残しているクレジットカードは滞納をしな...

任意整理ならば勤務先や家族にバレずにやれるって本当?任意整理というものは、裁判所に対する手続きが生じませんから、あなた自身で暴露しない以上、どんな人にも気付かれることはありません。債務整理の中で、自己破産、個人再生は裁判所に対しての手続きを欠かすことが出来ません。そのうえで、貯金、自宅、マイカーなどという私有資産の処分を必要とするケースがあります。官報という公的資料にも名前と居住地が記帳されること...

ブラックリスト期間中でも生命保険からなら借金が出来るって本当?できます。生命保険や医療保険よりの借金は「入金してあるお金」が担保になります。そういう理由で、信用調査も介入しませんから借金ができるのです。生命保険等よりお金を借り入れることを「契約者貸付制度」と呼んでいます。借金時点の「解約返戻金(解約したときに払い戻される金額)」を担保に規定額まで借り受けができることになります。担保が存在しますから...

過払い金請求をやったらブラックリストにのるのか?過払い金請求は支払い超過した利子分を返してもらうだけの活動だからブラックリストにのりませんが、全額返済できていない際には気をつける必要があります。過去には過払い請求を行ってしまうことが原因で信用情報に「契約見直し」なるマークが記入された上でブラックリスト状態になっていたのです。しかし2010年4月、「「契約見直しの記入」がストップされ、過払い請求を行...

クレサラ問題とはなんですか?信販会社(クレジット会社)または消費者金融(サラ金)よりの借金で、それらの借り入れ金返済に対してのトラブルなどをクレサラ問題と称します。あちらこちらの金融業者より借り入れをし、借金がどんどん増える多重債務は現代社会において大変な問題となっているのです。こういった多重債務者の借入先の大部分が、クレジット会社やサラ金業者となるのです。

借金の取引履歴の開示請求とはなんですか?借り入れがどれぐらい前から開始されて、いつ頃いくら程の支払いをやって・・・というような借り入れと支払いの履歴の提示を債権者に希望することになります。借り入れやクレジットを使用中、返済もしていくことになりますが、いつの頃どれくらい返したのかっていうのは分かりますか?自動引落としに関しては、銀行口座に履歴が残ったままですが、振り込みや手渡し払いなどをしていたら、...

債務整理(任意整理)したらETCカードは持てますか?クレジットカードが全くない場合でも、保証金をおさめて代金を後払いにできるETCパーソナルカードといった選択肢がございます。債務整理(任意整理)でブラックリストに記載されてしまうことになり、クレジットカードが保有できなくなったらあれやこれやと苦労する場合もあらわれてきます。ほとんどのことはデビットカード(即時決済取引型カード)を所有する事によって埋...

債務整理(任意整理)したら自動車保険の分割払いはどうなりますか?任意整理をやってブラックリストに記載されていたところで、自動車保険の分割支払いはできるのです。債務整理(任意整理)以後、マイカーを持つとすれば維持費が生じます。自動車保険はその中にあっても高価な比率を占有します。回答から申し上げると、任意整理をやっても自動車保険(任意保険)については、心配することなく加入できますし、分割支払いも行なえ...

債務整理(任意整理)しても借りられるマイカーローンがあると聞きましたが?「自社ローン」といって、債権者が信販会社とは関係なく、車の販売業者(お店自身)である分割購入のやり方です。通常の自動車ローンは、購入者と信販会社と自動車販売業者の間で成立します。信販会社が自動車販売業者にお金を支払い、購入者より分割支払いで集金に当たります。この場合、私達は自動車販売業者より自動車を購入しますが、支払うことにな...

任意整理は債権者と任意に和解取り交わしをまとめます。返済年月は一般的に3年、一番長くても5年迄とのことです。では、1度取り交わした和解取り交わしは引き伸ばし可能なのしょうか?たとえば、最初3年で和解契約を結んだのだが、やっぱり支払いが厳しいので5年に引き延ばしてもらえると嬉しい〜などといった場合ですね。結論からいくと、任意整理はどこまでも任意の契約なので、債権者がそれでOKならば延長もできます。と...