借金問題の法律・用語・書類について記事一覧

MENU

とにかく1日でも早く借金で頭を悩ませている今から解放されたいあなたへ

 このサイトに訪問してくださったという事は、「借金の債務整理に関心を抱いた」「借り入れ金に苦しんでおり任意整理といったフレーズにたどりついた」というような人が大半なのではありませんか?

 【無料】インターネットの法律無料相談シュミレーター診断

あなたがどれだけ借金を減らせるか調べるにはお手軽にWEBでできるオンラインのシュミレーター診断が簡単で便利です。

私自身、借金問題解決は、この法律無料相談シュミレーター診断を使った匿名メール相談サービスからスタートしました。

まずは初めに法律無料相談シュミレーター診断(無料)で現段階でのあなたの借金の状況を正しく認識しておくようにしましょう。

↓借金問題解決が確実に可能なのかが簡単にわかるからとても役立ちます。


このエントリーをはてなブックマークに追加   

▼ こちらから読みたい記事を選択してください

借金 無料相談

多重債務と申しますのは、読んで字のごとくでしたら「多く重なる債務」要するにあっちこっちの借金が見られるという事にとられると思うのですが、そうなってくる理由の多くは、借金の支払いが原因で借金を繰り返し行っている現実を指し示します。正確には、たとえあっちこっちの消費者金融より借金があったとしても、給料よりプラン通りに返済していらっしゃる状況の人は多重債務としては該当しませんので、全部が多重債務者ではな...

借金の相談をやるということでしたらあれやこれやと用意する品物がありまして、何をおいても、まずは身分証明書ということで 免許証 保険証 債権者(借入先)のリスト 借入れをしたときの契約書といわれるものがあるのなら相談が非常に円滑に進行しますし、弁護士や司法書士などの専門家もそういった情報をベースに一番最適な対処方法を決めやすくなると思います。それ以外には印鑑はもちろんの事必要不可欠でありますし、クレ...

任意整理を代表とする債務整理手続きをやっていく中で、どうしても必要不可欠な法律があるんです。まさにそれが、「利息制限法」となります。それでは、何で利息制限法が、債務整理手続きに関して必要不可欠な法律なんでしょうか?すべての借金は利息制限法に従っている貸金業者よりお金を借り入れる場合には、例外なくその業者とあなたとの間で金銭消費貸借契約を交わすことになると思います。こちらの契約が実行されないことには...

元々任意整理というものは、貸金業者相手に裁判をやらない任意の交渉から、これから先の返済方法を話し合いをしていくものと言えます。言うまでもなく、両者で話し合いがまとまったということでしたら、貸金業者とそれらの和解内容を証明する書面を交わすことになるわけです。それが「和解契約書」と呼称される書面になります。和解契約書は代理人の署名捺印でもOKです。契約書と呼ばれるほどなので、両者による署名捺印が必要不...

「懈怠約款」と呼ばれる聞き慣れていない単語、あなたは知ってますか?任意整理の時、最後に返済内容をチェックする目的で交わされるのが和解契約書なのですが、こちらのの内にほとんど絶対と言ってもいいくらい懈怠約款が入れられています。その懈怠約款、キッチリと把握していなければあとになって笑って済ませられないことにもなる可能性がありますから、完璧に知識として頭にインプットしておいてください。大体・・・懈怠約款...

死亡したあなたの両親に借金が見つかった時には、債務整理(任意整理)をしていくべきでしょうか?こちらの解決法については、債務整理(任意整理)でなくて、「相続放棄」の手続きが必要だと感じます。もちろん、法律では親の借金は相続人が債務整理(任意整理)を行なうと言うのは出来るのです。けれど、遺された財産が負の財産、すなわち借金以外ないといったような時、債務整理(任意整理)を行なうよりも相続放棄を行なった方...

借金を滞納していらっしゃる人のうち、税金の返済などでも頭を悩ませている人はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?借金と一緒で税金も滞納しちゃった・・・。どうにか債務整理(任意整理)で乗り越えたい!現実にはこうした人、世間では数多くいらっしゃるようです。けれど、税金の滞納分は債務整理(任意整理)のターゲットにはならないのはもちろん、自己破産や個人再生でも、免除や一部免除のターゲットにはならないの...

本来、借金の消滅時効と申しますのは、お金を貸した者が請求をしないまま定められた年月(5年や10年)経過すると、貸した側のお金を請求する権限が消える制度のことになります。例えば、あなた自身がお金を借り入れしたのだけれど一定期間請求されていません、ひょっとしたら消滅時効ってことなので返さなくてよろしいんじゃないの? と考えたら、弁護士や司法書士などの専門家に相談して、お金を借り入れた人物や会社の情報や...

債務整理(任意整理)の手続きをする以前に、確実に確認をやっておきたいことが「時効」のチェックになります。これまで何年も入出金を連続しているといった人にとってはさほど関係が見えないですが、その中にあっても、とっくに全額返済されている貸金業者が見られる人は、時効は自分とは無関係じゃないため忘れずチェックしておいてください。時効のお陰で、返済する義務が消えたり、過払い請求が不可能になったりもしますから、...

当たり前のこととして、カードローンなどの借金については返済日が存在します。返済日に定められた額を返済出来なければ金融業者より督促をうけるでしょうね。当然、返済日が守れない方が悪いのですが、返済をやってもらうためには、何をやろうとも大丈夫かと言えばそんなことはありません。 「貸金業規制法(サラ金規制法)」「金融庁事務ガイドライン」で集金時にやってもいい事、やってはいけない事は決まっています。こちらの...

自己破産だと、免責の審理がなされて、免責に決定するという点は問題なしというような確定が下されれば、免責が成立したことを意味します。ですが、裁判所の判定は免責を認めたことになるのですが、この後に債権者の申し立てをうける日数が二週間用意されています。 裁判所の判定について債権者に不服がある時には、こちらの期間内であれば高等裁判所に申し立てをすることが可能になっています。債権者に向けた最終的な念押し、と...

免責が認可されることなくNGになることも考えられます。 このようなケースでは自己破産が認可されることなく、借り入れ金の返済責任も回避してもらえないことから借金は残存する状態になって、返済しなければいけなくなります。とは言え、そもそも支払いが困難になったから自己破産を申し立てたため、あらためて返済する事になったところで、支払いの可能性が見られることもなく、実態は何一つ変わりがないわけです。そのため免...

現金にすることが可能である資産があって管財事件とされて処理される事が決定されると、それから破産管財人が選考されることになります。破産管財人はほとんどのケースで弁護士が選考され、管財人の裁量に伴って、資産を債権者に配分する割り合いを決定していくのです。ですが、配分割り合いが何から何まで破産管財人の解釈によって決定されるわけにはいきません。 債権者においては、何が何でも貸し倒れを低くしたいもので、管財...